キャットポール納品

 先日、キャットポールの納品に伺いました。

我が家で天井まで突っ張る予行練習をしてから納品に臨み、
現場で板の状態を見ながら、補強も兼ねた反り止めを取り付けました。
写真には写っていませんが、先日お納めした本棚と同じパイン材で製作。
ご年配のネコちゃんのために、階段の間隔は20センチにしています。



前回、本棚設置の時にケージの中から見守ってくれた「よねじろうくん」
今回は何事だろう?と設置工事が気になるご様子でした。

いよいよ完成!よねじろうくんいかがですか?





最上段まですぐに登ってくれました♪(^^
よねじろうくん、ご協力ありがとうございました!

その後のご様子をお客様に伺うと、
他の2匹のねこちゃん「がんじろうくん・でんじろうくん」と3匹で
最上段の取り合いを毎日繰り広げているとのこと。
ネコちゃんみんなに気に入っていただけて、とても嬉しいです☆(^0^)

K様この度は、大きな本棚、そしてキャットポールをご注文いただきまして
誠にありがとうございました!


キャットポール完成

 前回のブログで作っていたものはキャットポールでした。



オーダーいただいておりました、キャットポールが完成しました。








天井まで突っ張れるタイプで、ばらばらのパーツを組み立てていく形にすることで
後から部分交換できるようにしました。
ネコさんがガリガリ、バリバリしても大丈夫です♪

上の画像は天井までのものですが、ご希望の高さ、材質での製作も承ります☆
お問い合わせフォームはこちらです。お気軽におたずねくださいませ。

家具工房+雑貨 すみれの散歩道



色々と進めています

 毎年この時期は忙しいのですが、今年もなんだかんだでバタバタしています(笑)

晴れた日に材料を色々仕入れました。テレビボードとローテーブルのアルダー材。

そして幅広のタモ材、ウォールナットにオークなど。それにショップ修繕用の杉材。

工房は木材祭りで置き場に困っています(笑)ありがたいことなんですけど。

現在ちょっと特殊なモノを製作中なんですけど、久しぶりに頭使って勉強になりました。

写真は製作中の部材です。さて、何ができるでしょう?











カタチが見えてきました。

 屋根の解体から2ヶ月経ちました。

無事に屋根を取り付けてようやく形が見えてきました。








今日は補強金物の取り付けをしました。見えない部分にボルトを取り付けました。






年内に外壁までいけるといいんですけど。家具も作らないといけませんので・・・。


パインの大きな本棚

先月、壁面いっぱいの大きな本棚を納品させていただきました。




今回は、お客様宅へ直接お伺いして打ち合わせさせていただきました。

ずっと本棚を探してあった話や、本とネコちゃんがとてもお好きというお話をお聞きして

使いやすいように形や寸法を決めていきました。




収納部分下の台輪に高さがあるのは、ネコちゃんのマーキングを避けるためです。

本をいっぱい収納しても棚板がたわむことがないように、強度も考えて作っています。

納品時に壁面に固定する工事もさせていただきました。






設置工事中、ネコのよねじろうくんには大変ご迷惑お掛けしました。

この度は、オーダーいただきまして誠にありがとうございました!




家具工房+雑貨 すみれの散歩道
大分県玖珠郡玖珠町日出生2234
TEL 090-1348-7211 FAX 0973-75-2025
e-mail shop@sumirenosanpomichi.com





棟が上がりました

 やっと棟が上がりました♪

近所の方から「まだ出来んのね」といわれる事が多くなりましたが

しばらく終わりそうにありません・・・。











修復するには

 気がつけば11月になっていました。

10月は学校や集落の行事以外は、家具製作とショップの修繕をしています。

ありがたいことに雨は少ないのですが、それでも時々降る雨に当たらないように

ブルーシートでしのいだりしています。
















今回の修繕にあたり、多くの方からのお見舞いや励ましのお言葉、資材を分けていただいたり

道具を貸していただいたりしています。本当にありがとうございます。

もう少し時間は掛かりそうですが、一日も早く再開できるように、日々ご注文の家具を製作

しながら進めていこうと思います。






大きな本棚製作中

 とても大きな本棚 製作中です。








屋根を外す

 連日お天気に恵まれ、少しずつ解体、修復作業を進めています。

梁や母屋といった、重要な構造材が折れている屋根に上るのはとてもスリリング!

それでも何とか自分で出来る作業ですので高所作業は一人で行っています。

もちろん妻にも手伝ってもらっていますが、基本は高所以外での作業をお願いしています。

日照時間が短くなったので、一日がとても短く感じるようになりました。













どの順番で解体すればいいんでしょう?

 晴天続きで気持ちの良い時期ですが、頭が痛いです・・・。

予想以上のショップの痛み具合に何から手をつけていいのかもわからず悶々してました。

どのように屋根を作るかのか、とても迷ったのですが在来工法という、いわゆる日本の

民家を建てる工法を基本に修繕していこうと思います。

それにしても、どこから解体していくのが安全で効率がよいのかなどと考えても

経験がないのでわかりません。現場で判断しないといけないようです。

解体と言っても、建物を処分するわけではないので釘やネジは綺麗に外し

板にも傷が付かないようにしています。

作業後、慣れない動きに初日は全身打撲のような痛みで眠れませんでしたが

2日目からは意外と平気でした。